医療

ビル

日本の医療の発展とこれからに関して

昔はリスクがあった治療方法でも、時代と共に変化をして簡単に治る時代になっています。
尿管結石などは、その最たる例ではないでしょうか。
超音波やレーザーを使用することで、身体の外側から結石を砕くことが出来ます。
メスを使わないので回復が早く、入院期間も短く済むと評判です。
日本の医療は、この二十年ほどで驚くべき進化を遂げています。
がんの五年生存率も飛躍的に上がっていますし、進行性のがんであっても治療方法がない訳ではありません。
ただ、問題点を挙げるとすれば薬の認可スピードではないでしょうか。
欧米では認可されている薬であっても、日本では無認可の薬がたくさんあります。
専門用語でドラッグラグと言いますが、ドラッグラグの問題が解決すると、日本の医療は更に発展を遂げるのではないでしょうか。
厚労省の役割は大きいですし、患者自身もどんどん声を上げて行くべきです。
一人一人の気持ちが、日本の医療をレベルアップさせるのではないでしょうか。

ビル

関連情報一覧

医療費の負担率として決めていること

日本の医療の発展とこれからに関して

医療現場で働く人の生活は多くの種類があります

医師になるために必要な知識とは何か