医療

ビル

医療費の負担率として決めていること

日本では医療は基本的には保険が適用されるようになっています。
つまりは、無保険で病気に対することは基本的にはないです。
それが国民皆保険であり、何かと問題視されていることもありますが基本的には素晴らしい制度であるといえるでしょう。
前提として収入があり、それに合わせて保険料が決まることになっています。
つまりは、多い収入の人は保険料も高くなる、という制度です。
当たり前と思うかもしれませんが制度としてそれが明確になっていることはとても大事なことになります。
それはとても重要であり、制度としてしっかりとしているといえるでしょう。
普通は病気に対して三割負担、老人であれば一割負担になります。
その他、障がい者などに対しても特別な措置が取られます。
医療とは本当に発展していますし、昔は治らなかった病気がかなり簡単に治るようになったこともあります。
しかし、医療費がどんどん嵩むようにもなり、だからこそこうした皆保険が大事になっているわけです。

ビル

関連情報一覧

医療費の負担率として決めていること

日本の医療の発展とこれからに関して

医療現場で働く人の生活は多くの種類があります

医師になるために必要な知識とは何か